さいたま支店第三営業課 新入社員 / M・Y
Senior 01
個人の投資ニーズが増す
これからの時代、将来
有望な会社で働きたい

入社1年目
さいたま支店第三営業課 新入社員 / M・Y

豊トラスティ証券を志望した理由と入社した際の印象を教えてください。

これからの時代、個人の投資ニーズは増す一方で、将来が有望だと思えた金融業界に入ることを志していました。また営業職に就いて、自分でしっかり稼ぎたいという想いもありました。そんな中、最初に入社試験を受けた会社が当社でした。面接の際、当社の人事担当がとてもいい人で、その人から「是非うちで働いてほしい」と言われたことが入社した決め手です。

入社前、いろいろな方から金融業界は厳しいと聞いていたので、ある程度の壁にぶつかっても頑張ろうと構えていましたが、入社してからいい意味で裏切られました。上司は優しく、職場の風通しもよいので、のびのびと仕事に専念しています。

M.Yのインタビュー|豊トラスティ証券新卒採用サイト 1
M.Yのインタビュー|豊トラスティ証券新卒採用サイト 2

この仕事で必要だと思う能力とやりがいを教えてください

この仕事は、準備が一番大事だと思っています。お客様の大切な資金を預かる仕事なので、面会した際に、どんな説明を求められても対応できるような資料作りなど、完璧な状態で訪問する準備を整えます。そういう準備をするためには、物事一つひとつに対して丁寧に行動しなければなりません。最も必要な能力は、丁寧に接することではないでしょうか。

仕事のやりがいは、お客様に利益が出て、喜んでいただいているときと、お互いの心が通じ合って商談が成立したときです。
お客様から「やってみようか」と言われた瞬間、今まで積み重ねてきた努力が形になったなと思い、感無量です。

思い出に残っている、契約時のエピソードを教えてください。

夏の暑い時期のことでした。訪問営業を続けていたのですが、なかなか結果が出ませんでした。
ある日会社を訪問して会えた、不動産業のある方と挨拶を交わすことができました。その際、次の面会の約束は交わせなかったのですが、その日から何度も通い詰めて、日々の経済情報などを伝えていました。

そういったこともあって、季節は秋になったある日、初めて商談の約束を取り付けることができました。会ったその日に契約は決まらなかったのですが、その後何度か商談をさせていただいて、上司の力を借りながらようやく契約にこぎつけました。すでに冬の足音が聞こえてくるような寒い時期になっていました。自分の担当地域の中では遠いその場所へは自転車で通っていたのですが、今となってはいい思い出です。

M.Yのインタビュー|豊トラスティ証券新卒採用サイト 3
M.Yのインタビュー|豊トラスティ証券新卒採用サイト 4

豊トラスティ証券の上司の印象と今後の目標を教えてください

自分の上司には、私たち部下を手厚く指導してくださっていると感じています。たとえ営業成績が振るわなかったとしても、頭ごなしに叱られるようなことは決してありません。さいたま支店には、私を含め入社同期は3名いるのですが、3名ともいつも前向きなアドバイスをもらえていることもあり、幸いなことに良い結果が付いてきています。上司には恵まれているので、優秀な仕事ぶりのすべてを身に付けたいと思っています。

一年目の今年は、特に上司に頼りきりだったので、今後は早くひとりで大口の契約が結べるように成長したいです。

就活中の方へのメッセージをお願いします

同期入社の中にはさまざまな(違った)キャラクターの人がいます。入社してからこれまでの営業成績と性格との関係は、あまり無いように思えます。ただし、営業成績のよい社員の中で共通していたのが、忍耐力と負けん気はある人のように感じています。就職活動も、センスよりも最後まで踏ん張れるかどうか。努力すれば、結果はついてくると思うのでみなさん頑張ってください!